忍者ブログ
JAMI TIMES | 日本映画学校 卒業制作ブログ

jamifilms-topjamifilms JAMI NEWS
2017.09.20 - 14:27

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012.05.16 - 18:30

幻影


3科C班制作部所属のオカベだ。 今回も映画製作がどのように進んでいくのか、 簡単に紹介していこう。映像戦略ぅ!

《撮影★風林火山》
オカベが趣味で孫子を読んでいるところに、Pがやってきました。
そこから話が盛り上がり、かの有名な孫子を映画製作に当てはめるとどうなるのか!?
と、いうくだらない会話がはじまりました。

始計篇の「将とは、智・信・仁・勇・厳なり」でやってみました。

監督とPは映画製作におけるトップ2だが、トップに必要なスキルを孫子はこう述べている。

智(状況を読む力) 勝算のあるなしを見分ける力である。これができないと損ばかりしてしまうかも。

信(嘘をつかない) 言ったことは必ず守るということ。トップが「やります」と言った数秒後に、「やっぱりやりません」などと言っているようでは部下はついてこないか。

仁(おもいやり) 部下をこき使うだけ使って、思いやりのかけらもないような人は、やはり部下がついてこないということか。やはりリーダーには魅力、人徳がある人がつくべきか。

勇(勇気・決断力) 前へ前へと進むだけでなく、撤退するのも勇気はいる。ただ進むだけでなく、
勝算のあるなしを見極めて、撤退命令を出す勇気も、リーダーには必要のようだ。

厳(信賞必罰) 部下を甘やかせ過ぎると統率力がなくなってしまう。甘やかせすぎは良くないが、
しっかり言うことは言わないといけないということか。

まあ、次回もがんばるかねえ。

≪制作な日々≫
今日は新宿でS#31の撮りこぼしと実景の撮影でした。



昨日同様、撮影中もこれといったトラブルはなく終わることができました。



しかしスタッフの中には、周りの歩行者への気配りが足りない部分が若干見受けられました。
制作部として、スタッフにもっと周りを見るよう徹底させていきたいです。
※Pの日報より抜粋




さて、録音のホソがまたまたやらかしてくれましたよ!!



ホソが着ているのは、
『対衣擦れ用静音装置 富士弐號』である。



この整音装置を装備することにより、衣擦れによるワイヤレスマイクへのノイズを軽減することができるのだ!!



このようにスーツの下に装着しても自然な仕上がり!!
これは期待できそうですね。

実景を狙う大監督と天才カメラマン 投稿:P


《おもしろ現場ネタ画像募集中!!》
下記のメールまで投稿してください。
ブログにのせちゃいます!!
netatoukou☆gmail.com

※☆を@に変えてください

《エキストラ募集中!!》
興味のある方は下記のメールにご連絡ください!!
cinebo.extra☆gmail.com

※☆を@に変えてください

《今日の名言》
ホソ「てか映画学校の人達みんなカワッテル」
※ロケ地から帰る電車内でホソがポツリとつぶやいた一言。

※次回予告※



この、果てし無く広がる徒労は、輝く上映会のためにあるとしたら。
今日という日が、明日のためにあるとしたら。
天国はこの地獄の隣にあるはずだ。
ここはもう充分に見た、充分に。
たとえそこが禁断の地であろうとも。
次回「不可侵予算」。
だが、今日という日が、昨日のためにあるのだとしたら。

拍手

PR

プロフィール


日本映画学校 第25期 映像科 卒業制作ブログです。こちらでは各班の現場レポートや上映会の最新情報などを更新します。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最新記事

2013.03.30
制作部オカベの韜晦
(三科C班)
2013.03.29
制作部オカベの追想
(三科C班)
2013.03.28
制作部オカベのユリーカ!
(三科C班)

バナー別

三科A班
三科B班
三科C班
なぜなにC班(三科C班)
演出A班
演出B班
演出C班
演出C班(上と同じです)
脚本演出
ジャーナル
特命係

blogランキング参加中






にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ
にほんブログ村 専門生日記ブログへ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(美術・デザイン)へ

メールフォーム

バーコード

ブログ内検索

編集長のオススメ(1)


























編集長のオススメ(2)