忍者ブログ
JAMI TIMES | 日本映画学校 卒業制作ブログ

jamifilms-topjamifilms JAMI NEWS
2017.08.19 - 18:19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012.05.26 - 00:00

特命係:楽しいうれしい中報


日映F25期K特命係Aざわです。
 
・・・面倒なんで略しました。
 
日映=日本映画学校
F=ファイナル
K=教務部
Aざわ=あしざわ
 
解説のほうが、面倒くせーよ。
 
 
さては、来週は”楽しいうれしい中報”れすっ!
 
中報会?!?!
 
撮影中間報告会の略です。
 
そつせい=3年生の映画制作撮影は、30日間続きます。
その間、色んなトラブルに見舞われます。
外とのトラブル、内なるトラブル・・・日常茶飯事。
今時では、想定外というコトバで、カッコよく云われますが・・・
 
現実は、悲惨というか、みんな傷つきます・・・。
 
わたしが、特命の異名をとるのは、3K、4K・・・10K
危険、汚い、キツイ、キモイ、キイテナイ・・・。
トラブル解決⇒奔走?!時には未然処理。
クロコのように、決して表に出ることもなく・・・。
人にたのまれもしねーのに、、、匿名任務でやってるのを
誰かがみてて・・・なのか?
 
匿名⇒特命⇒未だにヒラだから!うるせーよ。⇒係り
 
という説。
 
右京ファン?!だからでしょうか?
私的には、熱中時代刑事篇がスキですが・・・。
みんな知らないね・・・。知ってたら、アラフォ~!
私は、特命係でなく、匿名係のつもりです。
 
 
 
話しを戻して・・・
 
トラブル⇒撮影中の近隣トラブル、スタッフキャストのケガ、機材トラブル、ロケセット借用場所破損、備品紛失、現場制作費パンク、スタッフ現場から失踪・・・書いてるだけで、ヘタレる事象が平然と起こります。
 
因みに、トラブル解決屋が本業ではありませんが・・・問題が起こると、誰もやらない、避けたいことですが、これを放置すると、作品制作のクオリティーが下がってしまうし、いずれ大きな事故の要因となるのです。
トラブル解決のみならず、未然解決を目指し、小さなトラブルから片付けていくことが、肝心です。
 
いわゆる、危機管理ってヤツです。何もなく無事に終わる制作はありません。
 
昨今、世はスマホでタッチ、ダウンロードでショートカットで、共有フォルダー入れて、つぶやいて、
個人にはじまり自己完結の世の中。
 
映画撮影は、架空=非日常の舞台をつくり、1秒24コマの写真に焼き付けていく気の遠くなるような作業を計画して、現場ではクリエイトして、撮っていくわけで・・・これを、現実社会の中でつくるわけで・・・お弁当もって、スケッチブック片手にピクニック気分など・・・無縁の世界です。
 
劒岳点の記とメイキングを観れば・・・
いかに映画をつくることの過酷さの一端がわかると思います。
 
いつか、みなさんに御見せしたい!劒岳メイキング!
 
で、話しをまたまた、戻して、
 
中報=撮影中間報告会
 
撮影の中日に、作品制作している全ての組のオールスタッフが集結し、
反省し、検証し、後半戦の撮影に備え、色々な部分の立て直しを図る報告会です。
 
実は、この中報、
 
私が、実習事故が多発した平成15年に草案し、
16年~全ての実習に義務付けられ現在に至っております。
 
いわゆる、本校実習の危機管理マニュアルは4本の柱で構成されています。
 
実習ガイダンス
クランクイン前確認会議
撮影中間報告会
撮影終了報告会
 
アレから9年の月日が・・・。
大した事故もなく、時が流れていますが・・・
 
撮影とそれを撮影環境は、常に変化し、人も変わります。
 
安全とは、危険と隣り合わせであり、
危険は、我々側の及ばぬ所に潜んでる。
危ないからやらないでなく、
危ないから、どうやって安全を確保してやるか
データに裏打された検証と心構えが必要ではあるが・・・
でも、やってみなけりゃわらんよ。あしざわちゃん!!
 
実習事故多発に見舞われた平成15年、
みな、目を塞ぎ、耳を塞ぎ、途方に暮れました。、
翌年、本校に実習制作本部が誕生し、原一男氏が本部長となり
前述のコトバは原一男氏(副校長=本部=ジャーナル担任)が、わたしに放ったコトバであり、口癖であり…。
 
今もハッキリ覚えています。
 
当時、原一男氏の事務所=疾走プロ(西新宿)に連夜通い、、
危機管理に関する草案と将来の実習制作環境について、
同僚だったО君と熱く語り、実習安全管理マニュアルを作成し、
終電間際で、書類だらけのカバンを抱え、
走っていた頃を・・・。
勿論、机上の空論にならぬよう、学生と一緒になって
走っていた頃を・・・。
 
今、各班の車両制作ドライバーで参加している
卒業生18期の清水さん、阿部さん、山中さんは、
当時の体感者達であり、わたしの絶大な信用をよせる戦友でもあります。
 
長くなりましたが、
 
”志”を持って後半戦を乗り切りましょう。
道は必ず開きます・・・。
 
そして、ほんじつの格言です。
 
 
堪え忍ぶことの尊さは、
それを乗り越えた者にしか味わえない
 
ありがたや~
ありがたや~
 
技術三科のスタッフ諸君なら、この格言の意味が
身にしみて、わかったのではないでしょうか?


 

拍手

PR

プロフィール


日本映画学校 第25期 映像科 卒業制作ブログです。こちらでは各班の現場レポートや上映会の最新情報などを更新します。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

最新記事

2013.03.30
制作部オカベの韜晦
(三科C班)
2013.03.29
制作部オカベの追想
(三科C班)
2013.03.28
制作部オカベのユリーカ!
(三科C班)

バナー別

三科A班
三科B班
三科C班
なぜなにC班(三科C班)
演出A班
演出B班
演出C班
演出C班(上と同じです)
脚本演出
ジャーナル
特命係

blogランキング参加中






にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ
にほんブログ村 専門生日記ブログへ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(美術・デザイン)へ

メールフォーム

バーコード

ブログ内検索

編集長のオススメ(1)


























編集長のオススメ(2)